0263-53-5400 info@kiyosawadoken.jp

interview02

土木部 御小柴 樹

TATSUKI MIKOSHIBA

2015年入社。3年目に入り責任ある仕事に難しさと責任を感じるとともに充実感を覚える。

高校での学びが仕事に直結

高校で学んだ3年分の知識と、経験を活かし働きたいと考え、建設業で働くことを決めました。
高校では、各種工事を計画していくために必要な基礎知識を学んできました。構造物の特性や水、土を含めた土木、建築に関わる力学的性質などです。計画段階の授業から、施工に関する授業もあり、実際の現場で活かすことができることも数多く学ぶことができました。3年の時の職場体験に選んだ先が清沢土建でした。授業で学んできた、合理的な工事を実際の現場で見たり、聞いたり、安全施工管理などの体験もできました。

責任の伴う仕事に充実とやりがい

現在は、入社3年となり、代理人の方と業務をすることもありますが、任された現場を1人で見ることもあります。とにかく、工期内に予定通りのものが、安全に進んでいるかどうかが求められる仕事です。もし、工事に遅れが出れば、どのようにして遅れを挽回するかということを考え実行に移します。ここが苦しいところであり、やりがいを感じるところです。高校での学びを無駄にせず、安全な現場、工期内で完成させていくことに、日々楽しみながらも頑張っていきたいと思います。

 他の先輩インタビュー

土木部 花﨑 仁

工事部 安江 裕哉

建築部 五十嵐 寛

メールでの資料請求・お問い合わせ

お電話でもお気軽に

TEL.0263-53-5400

受付時間:平日9:00~16:00